初節句のお返しをするなら品選びの他にマナーを確認!

お返しの選び方のポイントを知っておこう

初節句のお祝いのお返しを選ぶ時は、もらった金額や相手の立場などを考えて贈りましょう。金額はだいたい半返しが基本で、贈るものもそうめんや和菓子、タオルなどが一般的です。しかし相手が近しい人であったり、親戚の人であったりしたら好みに合わせて贈るのも良いでしょう。場所によっては、贈るものが決まっている場合もあるので自分の家族などに相談することをお勧めします。

初節句のお返しに喜ばれるものと喜ばれないものの違い

初節句のお返しとして喜ばれるもの

初節句のお返しに喜ばれるものはオーソドックスなスイーツやタオルなどです。初節句を贈るのは年配者が多いので奇抜なものよりは定番商品が喜ばれます。さらに赤ちゃんの写真や近況報告などを記したメッセージカードを添えるのもおすすめです。

初節句のお返しに喜ばれないもの

初節句のお返しをするとき気を付けなければいけないのは「赤ちゃんフィーバー」になっていない事です。子供がかわいいからと、顔写真のついたカップや雑貨などは親戚でも使いにくいものです。顔写真などはメッセージカードに添えるだけにして、定番商品などを贈りましょう。

初節句のお返しをするなら品選びの他にマナーを確認!

内祝い

初節句とは?

初節句とは生まれた子供が初めての「節句」を迎える日を指します。例えば女の子なら3月3日の「桃の節句」にひな人形を飾ってお祝いし、男の子なら5月5日の「端午の節句」に五月人形やこいのぼりを飾ってお祝いします。家族そろって節句の祝い膳を囲み、子供の健やかな成長を願う日であり、初めての節目の日という事もあって重要な行事でもあります。

初節句お返しのタイミング

初節句のお返しのタイミングは、初節句のお祝いをもらってから1か月以内が良いとされています。例えば桃の節句の場合は3月3日なので、次の節目がくる4月前、端午の節句の場合は5月5日なので6月の梅雨に入る前までにお返しをしておくのがマナーとされています。何らかの事情で実際の初節句やお返しが遅れてしまう場合は、お祝いをくれた人に一筆書いておくことをお勧めします。

初節句のマナーを確認しておこう

初節句のお祝いをもらったとにかく「お返し」を意識しましょう。初節句のお祝いは身内や親戚からが多く、ついついお返しをしそびれるケースがありますが「親しき中にも礼儀あり」ですので、きちんとお返しをすることで大人の世界の仲間入りができます。

広告募集中